大学受験勉強法ラボとは?

はじめに

大学受験勉強法ラボとは

大学受験勉強法ラボとは、大学受験の勉強法に関する情報をまとめたサイトです。

大学受験勉強法ラボとは?

大学受験勉強法ラボとは、大学受験の勉強法に関する情報をまとめたサイトです。
以下4つの部分から成り立っています。

1.大学受験勉強の戦略

大学受験に関する、基本的な心構えや考え方を解説しています。テクニック以前の問題として、できる人とできない人では受験勉強に対する考え方の部分で差が付いている場合も往々にしてあります。まずは正しい考え方を身につけましょう!

2.東大に合格できる勉強法

東大生4名、一橋生1名のインターンメンバーの話し合いによって作成した、高2春から2年で東大合格に必要十分な学力を身に付けるための理想的な勉強プランです。具体的にどの教材を使うべきか、その教材は毎日どのくらいの勉強量でどのくらいの期間やれば十分に身につけられるか、そのスケジュールで勉強しての予想偏差値や点数も書いています。

今後は他の大学も増やしていく予定です。

3.合格体験記

東大生4名、一橋生1名の合格体験記です。科目別に、各科目で実際に使った教材も書いています。今後、他の大学の合格体験記も増やしていく予定です。

4.勉強コラム

勉強に関するコラムです。お役立ちのちょっとしたTipsや、個人的なエピソードなど様々です。勉強の合間のちょっとした時間などに読んでみてください。

「大学受験勉強法ラボ」への想い

このサイトは、勉強に特化したSNSサービス「Studyplus」を運営するスタディプラス株式会社が運営しています。私たちは、このサイトの運営を通じて「大学受験勉強における情報格差を是正したい」と思っています。

大学受験の勉強法に関する情報をネットで探すと、様々な情報が出てきます。ただし、それらの多くは比較的高額な教材を販売する目的だったり、学習塾が勧誘する目的で記事を作成している場合が多く、コンテンツの質が低いものが多く見受けられます。勉強法を解説した個人のブログも多くあり、中には有用なものもありますが、うまくまとまっているものは少ない状況です。

大学受験は情報戦でもあります。そして、進学校に通う生徒や、優秀な生徒の集まる塾に通う人は、その中で流通する大学受験に関する質の高い情報によって、そういった情報を持っていない受験生に対して有利になります。一方で、金銭的、地理的、時間的な理由により、進学校や塾・予備校に通えない受験生も多く存在しています。そういった人たちに対して、「本当に信頼出来る情報」を提供することで、情報格差を是正していきたいと考えています。

大学受験勉強法ラボでは、現役の大学生のライターがアルバイトで合格体験記や勉強プラン等の記事を執筆しています。ライターに興味のある方はこちらからご応募お願いします。

勉強SNS「Studyplus」とは?

「勉強がもっと楽しくなる」サービスです。自分がやった勉強の記録をつけることができ、その進捗がグラフで可視化されたり、サイト内でつくった勉強仲間と勉強記録を共有し、お互いに励まし合って楽しく勉強していくことができます。

iPhoneアプリ・Androidアプリ・webサイトの3つに対応しています。

  • 勉強を継続できる勉強SNS「Studyplus」
  • studyplus app store
  • studyplus google play

「Studyplusのお陰で、楽しく勉強を継続できるようになった!」という声が多数寄せられています。無料ですので、ぜひお気軽に使ってみてください。

勉強法ラボ運営メンバー

高須 大賀(東京大学 理科Ⅱ類)
高須 大賀(東京大学 理科Ⅱ類)
1991年生まれ。栄東高校を卒業後、一年間の宅浪生活を経て東京大学理科2類に合格。現在は東京大学工学部システム創成学科にてエネルギーや環境分野を中心に勉学中。
飛躍的に成績を伸ばすことに成功した自分の宅浪生活の経験や勉強方法を活かしたいという思いからスタディプラス社の企画に参加。生徒に勉強を教える中で、成績が上がらないその多くが、実は理解力のなさが原因ではない、そもそも勉強のやり方を知らない、何を勉強すればいいか分からない、一人では勉強が出来ないといった根本的な原因のためだということに気が付き、生徒一人一人の自立を目的とした指導を目指す。
趣味は自転車。通学や通勤のために毎日35キロ、総計2時間近くの道のりを走る。将来の夢は、新エネルギー開発に携わる事。
飯田 啓祐(東京大学 理科Ⅰ類)
飯田 啓祐(東京大学 理科Ⅰ類)
1993年生まれの(もうすぐ)20歳。新潟高校卒業後、現役で東京大学理科一類に進学しました。工学系の学科に進学したのですが、気が変わったため自主留年して別の学科に進むことにしました。法学か美術史あたりを専攻しようと思っています。理一から文転?と思われるかもしれませんが、私自身は昔から数学・理科よりも英語や地歴の方が好きでした。ちなみに趣味で華道を習ったりしています。
アルバイトで中高生に勉強を教えたりしているのですが、生徒を観察していると勉強の仕方が良くないなあ…と思うことがよくあります。このサイトに載っている勉強法は、私たちが自らの経験を活かして考えたものです。これを参考にして皆さんが勉強し、実を結んでいただけたら幸いです。
張 鳴暁(東京大学 理科Ⅰ類)
張 鳴暁(東京大学 理科Ⅰ類)
1993年一月生まれ。愛知県東海高校出身。現役で東京大学理科一類に合格し、現在東京大学二年生、もうすぐ三年生になるはず。
趣味は読書。本を読めばおなかは満たされるという持論を展開中。支持者は自分のみ。スタディプラスの企画の参加動機は受験に対する具体的なイメージの形成の手助けをしたいから。
受験について各教科はどんなことを考えてスケージュルを立てたのか、具体的にどんな勉強をしたのかといったことはもちろん、僕が何を考えて志望校を決めたのか、さらには、大学に入って自分の考え方にどんな変化が生じたのかといったことも伝えていきたいと思っています。
そうしてより具体的な受験→大学生活というプロセスのイメージを持つ助けをしたい。
石塚 振(東京大学 文科Ⅰ類)
石塚 振(東京大学 文科Ⅰ類)
1992年生まれ。聖光学院を卒業後、慶應義塾大学経済学部に進学し、その1年後、東京大学文科Ⅰ類に入学。趣味でDJやスケートボードをしている。
現在、大学では法律や政治、そのほかに哲学や心理学など幅広く勉強中。また、DJイベントなどを主催するなどの学内以外の活動も行っている。現役生時代や、慶應大学にいた頃の仮面浪人時代の経験をもとに、受験に関する記事を書いていく所存。
大澤 一貴(一橋大学 法学部)
大澤 一貴(一橋大学 法学部)
1992年11月生まれ。都立日比谷高校卒業後、一橋学院(予備校)で一年間の浪人を経て、一橋大学法学部入学する。これにより、小中高大全て公立校というなんとも庶民な学歴を完成させる。2013年2月現在大学1年生で法律を中心に文化や語学、経営学に政治と幅広く学び中。趣味はバドミントンとVOCALOID。
スタディプラス社の企画へ参加したのは、今の自分で社会に与えられる価値は受験勉強ノウハウしか無くて、それを生かせると思ったから。勉強だけに費やしたかつての日々を、より多くの人に還元できたらな、と思います。そして、より多くの人が自分の希望する大学に合格し、やりたかった勉強を思う存分できることを願っています。
東大受験生に言いたいのは、僕だけ一橋だからって記事を参考にしないとかそういうことはしないように(笑)。他のスタディプラス企画者の方々に、自分の受けた一橋模試結果を見せた時、東大行けばよかったのに、と言われたくらいの学力はあったのでそこんところよろしくね。

大学受験勉強法ラボを運営するスタディプラス株式会社では、
勉強のやる気が出る学習管理SNS「Studyplus」を運営しています。
「高校生のよく使うアプリランキング」の「勉強系アプリ」部門で1位に選ばれたアプリ*なので、まだ「Studyplus」を使ったことがない高校生の方は是非試してみてください。

  • 勉強を継続できる勉強SNS「Studyplus」
  • studyplus app store
  • studyplus google play

(*参考:「高校生価値意識調査2014」リクルート進学総研)

コメント