物理勉強法

はじめに

物理勉強法

物理は40点を目指す。基本的な進め方として、化学と物理を1日おきに勉強していくとよい。基本事項を押さえたら、問題演習を通して理解していく。基本事項を押さえるのにあまり時間を使い過ぎないこと。基本事項の理解には学校の授業を有効利用しつつ、定期テストの進度に合わせ、重要問題集レベルの内容を完璧にしていくこと。本格的には高2の11月から始め、本番までに326h学習する計画。(英語・数学の1/3程度)

物理のエッセンス力学・波動 改訂版 (河合塾SERIES)
物理のエッセンス電磁気・熱・原子―新課程対応 (河合塾SERIES)
実戦物理I・II重要問題集 2012年
物理のエッセンス力学・波動 改訂版 (河合塾SERIES)
物理のエッセンス電磁気・熱・原子―新課程対応 (河合塾SERIES)
実戦物理I・II重要問題集 2012年
難問題の系統とその解き方物理I・II―新課程
東大の物理25カ年[第3版] (難関校過去問シリーズ)
大学入試センター試験実戦問題集物理I 2013 (大学入試完全対策シリーズ)
大学入試センター試験過去問題集 2013 物理1 (大学入試完全対策シリーズ)
東大の物理25カ年[第3版] (難関校過去問シリーズ)

使用教材

学習の流れ

高2の11月から5月末までで、物理のエッセンスと重要問題集を並行してやる。この期間は、物理の日と化学の日を2日に1日ずつ設け、1回1時間の学習。高3の1学期までで学校で電磁気を未修であると想定し、それ以外の範囲を一旦高3の5月末で終わらせ、難系に入る。夏休みは毎日難系を進め、9月、10月で物理のエッセンス・重要問題集・難系と電磁気の範囲も終わらせる。11月からは東大物理25カ年をやり、センター前はセンター対策、直前期は復習と東大物理25カ年。

スケジュール

3.受験準備期(高2の11月~高2の3月末)

学期間中(高2の冬) ⇒ 平日:0.5h、土曜:0.5h、日曜:0.5h(3.5h/週、合計59.5h)
高2の冬休み・春休み ⇒ 平日:0.5h、土曜:0.5h、日曜:0.5h(3.5h/週、合計17.5h)
物理のエッセンス力学・波動 改訂版 (河合塾SERIES)
物理のエッセンス電磁気・熱・原子―新課程対応 (河合塾SERIES)
実戦物理I・II重要問題集 2012年

平日は物理と化学を交互に1日1時間。物理のエッセンスと重要問題集を並行して。重要問題集でわからない場合は物理のエッセンスに戻る。

4.受験前期(高3の4月~7月半ば)

高3の4月~7月半ば ⇒ 平日:0.75h、土曜:1h(4.75h/週、合計71.25h)
物理のエッセンス力学・波動 改訂版 (河合塾SERIES)
物理のエッセンス電磁気・熱・原子―新課程対応 (河合塾SERIES)
実戦物理I・II重要問題集 2012年
難問題の系統とその解き方物理I・II―新課程

平日は物理と化学を交互に1日1.5時間。5月末までは引き続き物理のエッセンスと重要問題集。6月からは難系に入る。

5.受験中期(高3の7月半ば~8月末)

高3の7月半ば~8月末 ⇒ 平日:1.5h、土曜:1.5h(9h/週、合計54h)
難問題の系統とその解き方物理I・II―新課程

毎日難系をやる。一週間で二章解くペースで。これで夏の終わりには相当の力がつくはずである。東大模試で一定の手応えをつかむ。

6.受験後期(高3の9月~12月半ば)

高3の9月~12月半ば ⇒ 平日:0.75h、土曜:1h(4.75h/週、合計71.25h)
物理のエッセンス電磁気・熱・原子―新課程対応 (河合塾SERIES)
実戦物理I・II重要問題集 2012年
難問題の系統とその解き方物理I・II―新課程
東大の物理25カ年[第3版] (難関校過去問シリーズ)

平日は1日に1日1.5h。9月、10月で電磁気の範囲の物理のエッセンス・重要問題集・難系を終わらせる。また、それ以外の部分も含め、この4冊の復習。11月からは東大物理25カ年。

7.センター準備期(高3の12月半ば~高3の1月半ば)

大学入試センター試験実戦問題集物理I 2013 (大学入試完全対策シリーズ)
大学入試センター試験過去問題集 2013 物理1 (大学入試完全対策シリーズ)

センター対策。2次対策をちゃんとやっていればほぼ問題ないはずであるので、軽めの対策に留める。

8.直前期(高3の1月~2月半ば)

高3の1月~2月半ば ⇒ 平日1.5h、土曜1.5h、日曜1.5h(10.5h/週、合計52.5h)
東大の物理25カ年[第3版] (難関校過去問シリーズ)

東大25カ年、駿台模試問などの予備校の出している東大模試の問題集をやる。毎日1.5時間で一年分を解く。余った時間で難系の復習を行う。

このスケジュールで勉強しての模試、本番での予想点数(偏差値)
夏の東大模試 物理18(偏差値45)
秋の東大模試 物理23(偏差値49)
本番 物理40(東大合格者平均レベル)
東大模試以外の模試の偏差値
6月の駿台全国模試 50
11月の駿台全国模試 58

この記事は誰かの役に立ちそうですか? もし誰かの役に立ちそうだと思っていただけたら、下のボタンから共有をお願いします。

コメント